2006年08月16日

映画「日本沈没」感想

皆さんお久しぶりです。治りかけのうつと書いてgary87です。
いやー気がついたら2週間近く記事書いてなかったよ。長い夏休みでした。

つーことで復帰一発目は映画「日本沈没」のレビュー。
いやね、ほんとにね、期待してたんですよ。藤岡弘×いしだあゆみの前作も好きだったし、今回の監督は樋口さん(平成ガメラ三部作の特技監督)だし。ちょっとつよポンが不安要素だったけど、トヨエツも出てるしね、絶対いけると思っていた。

・・・んが、、、ひどい、、、ひどすぎる。。。特撮は良かったですよ。(でも「大怪獣空中決戦ガメラ対ギャオス」には負けますけどね。なんというか、同じ特撮でも思いのこもった特撮ではなかったな。たしかに迫力はあったけどね。)
でもね、ストーリーがね、もう穴だらけ。日本が沈没してる最中になんでつよポンとコウちゃんがそんなにしょっちゅう会えるのとか、いつのまにコウちゃんはつよポンが好きになっちゃったの?とか。ほんとにプロの脚本家が書いたの?って思ってしまいました。
なにより、日本が沈没している、という緊迫感に欠けた。映像だけでそれを見せようとしているようなところがあったなぁ。映像だけじゃだめなんですよね。脚本もしっかりしてないと。
平成ガメラの金字塔「大怪獣空中決戦ガメラ対ギャオス」の方が脚本と特撮が見事に相乗効果を出してて、手に汗握る緊迫感がありました。東京タワーに出来たギャオスの巣は美しささえ感じたものです。未見の方は是非。

樋口さんは、特撮は適任だけど監督としてはちょっと難しいのかなぁ、とちょっと寂しかったですわ。。。

期待が大きかった以上に、肩すかしくらって肩を落として帰りました。
行ったのは8月1日の映画の日、大混雑だったなぁ。
posted by gary87 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
garyさん、久々に更新してる〜♪と思ったら、怒涛の記事アップですね(笑)。
「日本沈没」の感想、全くもって同感です!
前作を見たことないのですが、原作の真髄を踏襲した素晴らしい出来だったと聞いています。
それに引き換え今回のリメイク…はっきり言って脚本の大敗ですね。
特撮は頑張ったと思いますよ〜。
でもそれ以外に語れるところが皆無!
…あ、ミッチーという逸材を忘れてた!(笑)
その2つに尽きますvv
TBさせて下さいまし。
Posted by Aki_1031 at 2006年08月17日 14:03
Akiさんお久しぶりです。地球はやっぱりいいですねー。うん。
>でもそれ以外に語れるところが皆無!
ああっ、もう辛口コメントっ!でも、同感。それでもヒットしているという噂を聞きますがほんとなんすかね?
>…あ、ミッチーという逸材を忘れてた!(笑)
・・・ってやっぱりそこへいくんかいっ!ほんとに面食いなんだからぁ!
わてもTBさせていただきます(^_^)b
Posted by gary87 at 2006年08月17日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日本沈没…と、日本以外全部沈没(笑)
Excerpt: 「日本沈没」観ました。…「ゆれる」と比べると、非常に感想が書きやすいなぁ(笑)。 この映画は「ゆれる」とは別の意味でツッコミ所満載!! 観る前から聞いてはいたけど、ミッチー最高!!! ツヨ..
Weblog: Go Plain!
Tracked: 2006-08-17 14:44

日本沈没 (昭和48年・1973)
Excerpt: 日本沈没小松左京 橋本忍 森谷司郎 東宝 2003-09-25 沈む帝国、焼け...
Weblog: Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters
Tracked: 2006-08-27 11:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。