2007年10月30日

今クール観てるドラマ

どっこい生きてます。

今クール観るドラマ、ほぼ決定しますたー。

◎ガリレオ
 想像以上に面白かった!今クールNo.1かなー。
◎おいしいごはん
 正直全く期待してなかったんですが、なんかまったりと
 観ちゃいます。穴馬だー。
◎相棒
 説明の余地無し。
◎京都地検の女
 説明の余地無し。
◎ちりとてちん
 久しぶりに観る朝ドラ。いい案配に笑わしてくれます。
○Gundam OO(ダブルオー)
 視聴ターゲットはどの年齢に想定して作ってるのかなぁ?
 子どもが理解するのは難しいぞ、これは。
○歌姫
 初回はすべった感があったけど、徐々に持ち直してきたよ。
○Ultra Seven X
 新セブン、マッチョすぎっ!

って、こんなにいっぱい観る時間がないっ!どうしよう。困った。

 
posted by gary87 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(1) | TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

必殺仕事人2007

shigotonin2007.jpg

サイコーでした!主役にヒガシ、脇を固めるのはTokioの松岡くん、関ジャニ∞の大倉くん。そして藤田まことの中村主水も復活!

ストーリーもよくできてたー。音楽は仕事人シリーズの泣きメロのオンパレード。トイレにいくこともできず、ガン見しちゃったよ。

シリーズ化を希望いたします!!

必殺仕事人2007
posted by gary87 at 00:48| Comment(6) | TrackBack(0) | TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

春の新ドラマ期待度チェック!

もう今週から新しいクールのドラマが始まりますねぇ。
いまさらですが、gary87の超独断と超偏見による期待度チェック!

■冗談じゃない       ×
■プロポーズ大作戦     ×
■花嫁とパパ        ×
■セクシーボイスアンドロボ △
■鬼嫁日記 いい湯だな   ○
  カトちゃんペッ!
■夫婦道          ×
■孤独の賭け〜愛しき人よ〜 △
■わたしたちの教科書    ×
■特急田中3号       ○
  クドカンドラマでおなじみの磯山さんがプロデュース
  大人計画・平岩紙さん出演
■帰ってきた時効警察    ◎
  言うまでもなく今期一番の期待作!!! 
■喰いタン2        ◎
  ヒガシの代表作だね、すでに。
■ライアーゲーム      ×
■バンビーノ        ○
■ホテリアー        △
  ペ様が「特別友情出演(なんじゃそりゃ)」するらしい。
■生徒諸君!        △
  ちょっと微妙。
■その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル ◎  
  ボクのアイドル、船越英一郎の連ドラ「初」主演!

こんなとこでしょうかねぇ。
つか、時効警察・その男、副署長は別として、観る時間があるかどうか・・・貧乏暇なしなんですよねぇ。
前クールの「相棒」もまだ2話目までしか観てないし。HDDレコーダーがもうパンパンっす。
なんとか時間作らないとなぁ。
posted by gary87 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(1) | TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

「帰ってきた時効警察」ブログ立ち上げました〜

soubukun01.jpg

はい、こんにちは。

このたび、時効警察復活を記念して、スピンオフブログを立ち上げました。

その名も・・・「帰ってきた時効警察」(ってそのままやんけ)

熱烈な時効警察ファンであらせられます、
ブロガー仲間のむさしさんAki_1031さんとの期間限定共有ブログにしました。
いわゆるコラボですな、カッコ良く言うと(カッコよく言いたかっただけ)。

なので、4/13から放送される時効警察ネタはそっちに書きます。
小ネタの宝庫、時効警察!楽しみだぁ!!!

よろしくのよろしくです。遊びに来てね〜。
posted by gary87 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

華麗なる一族最終回

やっと最終回観ました〜。まだ余韻から抜け出せない・・・。

紅白並の視聴率をたたき出すとは予想もしてなかったけど、見応えがある最終回でしたね。

(以下ネタバレあり)


理想家で、情熱にあふれ、責任感の強い鉄平が最終的に自殺を選ぶことになったのは、父・大介に存在自体を否定されたからなんでしょうね。大介があの一言を言わなかったら、鉄平は新たな希望に向かって生を選んだはず。
鉄平の死が万俵家を正しい方向に導かせる結果になったのは、なんと皮肉で悲しいことでしょう。

鉄平が猟銃自殺を遂げる時の表情が忘れられません。。。


全話観ましたが、素晴らしい出来だったと思います。このドラマを超えるものは当分無いのでは。

今も頭の中であのタイトル曲が流れています。しばらくはこの余韻から抜け出せそうにありません。

サントラ買おうかな・・・。

華麗なる一族 オリジナル・サウンドトラック
服部隆之 フィルハーモニア管弦楽団
ビクターエンタテインメント (2007/02/21)
売り上げランキング: 120
おすすめ度の平均: 4.0
3 聴きごたえのあるサントラです。が…
5 日本ドラマのサントラで初めて☆5個つけます(^^♪


華麗なる一族〈上〉華麗なる一族〈中〉華麗なる一族〈下〉
posted by gary87 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語

hitparade.jpg
今夜、明夜の2話連続で放送しているこのドラマ。ナベプロ創設者、渡辺晋の生涯を軸に、テレビ草創期を描いてます。いやー、すごい引力で画面に惹きつけられて見てしまいました。

といっても、クドカンの「吾輩は主婦である」の録画を見た後で、何気なく流してたんですが、エンドまでの30分間、まばたきも忘れるほど食い入って見ちゃいました。

主演の渡辺役の柳葉敏郎、フジテレビのプロデューサー(?)役の原田泰造、ザ・ピーナッツ役の阿倍なつみ姉妹、などなど、演技が素晴らしかったし、脚本も演出も文句が無い。とても力の入ったいいドラマだと思います!
途中しか見てないんですが、間違いなくこれは名作ですね!早く最初から最後まで通して見たい。ちなみに脚本は矢島正雄さん、演出は鈴木雅之さん。スタッフにも力が入っています。

僕が見たのは、「ザ・ヒット・パレード」の企画から放送に至るまでのお話だったんですが、テレビが登場した頃のテレビの意味ってこういうもんだったんだなぁ、とつくづく感じさせられました。テレビ草創期の話をドラマ化したものはよくありますが、このドラマは一番それをわかりやすく、すーっと頭に入ってこさせる感じでした。

「ザ・ヒット・パレード」は音楽番組なんですが、当時の視聴者にとってその番組は、お茶の間がショーステージになる、っていうもんだったんですね。そう考えると、ドラマも舞台をお茶の間でみれるような気分にしてくれたんでしょうね。すごい衝撃的な事だったんじゃないですかねー。当時は音楽番組にしてもドラマにしても全部生放送だったしね。作る方も見る方も緊張感があったでしょうね。このドラマを見ることで、その緊張感を追体験できましたよ。

渡辺プロは去年50周年だったんだそうです。すごいですねー。50年。その50年の間にテレビはどんどん変貌を遂げ、今や携帯でも見れるようになりました。
草創期のあのワクワク感を持って今僕達はテレビを見てないような気がします。なんででしょう?よくわかりません。それが良いことなのか悪いことなのか別にどうでもいいことなのかもわかりません。
ただ、ドキドキして見ていた当時がちょっと羨ましい気がしました。

早く全部みたいなあー。

posted by gary87 at 00:16| Comment(1) | TrackBack(3) | TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。